給付の種類と等級の目安
給付の種類と等級の目安

●障害給付の種類

1.障害基礎年金
@国民年金被保険者期間中に初診日のある傷病で障害の状態
A障害認定日に1・2級の障害にある方
B初診日の前日において初診日の属する月の前々月までに保険料滞納が1/3を超えていないこと(平成38年3月までは、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の滞納がないこと ※65歳未満に限る)
※上記の他、20歳未満に初診日のある傷病で障害の状態になった場合にも支給

2.障害厚生年金
@厚生年金保険被保険者期間中初診日のある傷病で障害の状態
A障害認定日に1〜3級の障害にある方
B国民年金の障害基礎年金を受けられる保険料納付要件を満たしていること

※その他、公務員等に支給される障害共済年金もあります

●障害等級の目安
<1級>
他人の介助を受けなければほとんど日常生活を送ることができない状態
<2級>
必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活が困難で労働することができない状態
<3級>
労働が著しい制限を受けるか、労働に著しい制限を加えることを必要とする状態

※身体障害者手帳などの等級とは基準が異なります