もらうための3つのポイント
もらうための3つのポイント
●もらうための3つのポイント 
以下の要件をすべて満たしていることが必要です。


1.初診日要件
初診日とは、障害の原因となった傷病について、初めて医師または歯科医師の診察を受けた日をいいます。

<障害基礎年金>
 初診日において、以下のいずれかであること。
@国民年金に加入している間
A20歳前(年金制度未加入期間)
B60歳以上65歳未満(年金制度未加入期間で日本に住んでいる間)
  ※但し老齢基礎年金の繰上げ支給を受給されている方は要確認

<障害厚生年金>
初診日に厚生年金保険の被保険者であること。

2.保険料納付要件
障害基礎年金、障害厚生年金を受給するためには、初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たす必要があります。

(1)初診日の前々月における直近1年間に未納期間がないこと
(2)初診日の前々月におけるすべての被保険者期間のうち、3分の2以上が保険料納付済期間または保険料免除期間であること
※20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、納付要件はありません。


3.障害認定日要件
障害認定日とは、初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日、または1年6ヶ月以内に治った場合は治った日をいいます。この障害認定日時点で、障害等級1級・2級及び3級(障害厚生年金のみ)に該当する場合、支給となります。尚、初診日から5年以内に病気やケガが治り、障害厚生年金を受けるよりも軽い障害が残ったときには障害手当金(一時金)が支給されます。

※障害認定日に障害等級に定める障害の状態になくても、その後65歳の誕生日の前々日までに障害の状態が悪化し1,2級(厚生年金保険は3級まで)になった場合は、請求により請求した月の翌月分から障害年金が受けられます。

障害年金の手続きは、最初が肝心です。当事務所では、無料相談を実施しておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。